martin is eating a cookie
This site uses cookies to offer you a better browsing experience.
Find out more on how we use cookies.

ニュース&プレス

メディアセンター

メディアセンター内の資料は、プレスおよび/またはインダストリーアナリストによって編集目的にのみ利用可能です。ただし、ソース元として「Hahn Air」を必ずクレジットする必要があります。公開した内容については以下のメールアドレスに送信をお願いします:ccm@hahnair.com

配布目的または商業的な使用のために、ロゴと画像を複製することは、書面によるHahn Airの同意がない限り、禁じられています。Hahn Airは、資料の複製権限が当社の利益に反していると思った場合、いつでも当社の裁量で、著作権資料の複製許可を取り消す権利を有します。

プロフィール

Hahn Air について

Hahn Air はドイツのビジネスチャーターおよび定期航空会社です。1999 年以来、他の航空会社への間接的 なディストリビューションサービスを提供し、その結果として190 のマーケットにおいて100,000 万の旅行会社 に発券ソリューションを提供しています。20 年の経験を経て、当社はマーケットリーダーとしての地位を 確立しました。現在、そのネットワークは350以上のパートナー航空会社にまで広がっています。

Hahn Air は旅行会社および運行会社に限定してディストリビューションサービスおよび発券サービスを提供 しています。旅行者にとっても旅行会社を介して、より多くのキャリア、経路、目的地が選べるメリットが あります。毎年、数百万人におよぶ旅客がHahn Air のHR-169 チケットを利用して4,000 もの出発地と目的 地間を旅行しています。Hahn Air は、万一運航キャリアが破産した場合に無料で包括的な補償を提供する世 界最初で唯一の航空会社です。Hahn Air はInternational Air Transport Association (IATA)の会員であり、航 空業界における世界的ネットワークを擁し、航空業界において主導的な役割を担っています。

Hahn AirはHahn Air Groupの完全子会社であり、ドイツのフランクフルト近郊のドライアイヒを拠点とする国際企業です。Hahn Air Linesの飛行機はデュッセルドルフ空港およびフランクフルトのエーゲルスバッハ空港から運航しています。グループは、ミネアポリス、モンテビデオ、パリ、カサブランカ、ニューデリー、マニラ、ヨハネスブルクを含む世界のさまざまな都市に事業所を置き、年間合計取引高はおよそ10億米ドルに上ります。

Hahn Airの沿革     

Hahn Air Linesの沿革

Hahn Air Lines について

Hahn Air Linesはドイツのエグゼクティブチャーターおよび定期航空会社であり、国際航空運送協会(IATA)会員です。Hahn Air Linesは1994年に社名の由来となったハーン空港で設立され、現在はドイツのデュッセルドルフ空港(DUS)とフランクフルトのエーゲルスバッハ空港を拠点としています。  

Hahn Air Linesは2010年より、デュッセルドルフ国際空港(DUS)とフィンデル・ルクセンブルク空港(LUX)間にLuxairとのコードシェア運航で週2回の定期便を運航しています。 さらに2018年5月より、Hahn Air Linesは夏季期間デュッセルドルフ国際空港とパルマ・デ・マヨルカ空港の往復便の週運航を開始しました。  

また、ヨーロッパおよびヨーロッパ外の1,500の空港への国内および国際ビズジェットチャーターフライトを提供しています。Hahn Airの保有機はすべてサイテーションジェット機であり、セスナ・サイテーションCJ4を1機、セスナ・サイテーション・ソヴリンを2機保有しています。  

Hahn Air Linesは航空業界におけるディストリビューションサービスで特に知られており、1999年から他の航空会社にもこのサービスを提供しています。 現在、そのネットワークは350以上のパートナー航空会社にまで広がっています。そして 190カ国のマーケットにおいて100,000以上の旅行会社がそのサービスを利用しています。  

Hahn Air Linesはドイツのフランクフルト近郊のドライアイヒを拠点とする国際企業であるHahn Air Groupの100%子会社です。グループは、ミネアポリス、モンテビデオ、カサブランカ、ヨハネスブルク、ニューデリー、マニラを含む世界のさまざまな都市に事業所を置き、年間合計取引高はおよそ10億米ドルに上ります。

Hahn Air Systemsについて

Hahn Air Systemsはすべてのビジネスモデルの航空会社を世界中の主要GDSで取り扱うことを可能にするグローバルコンソリデーションサービスです。

2012年に開始されたHahn Air SystemsのプロダクトH1-Airは、190のマーケットの100,0000以上の旅行会社がH1コードを使用して、GDS非参加もしくは限定的な参加をしている航空会社を予約することを可能にしました。

Hahn Air Systemsのパートナーのサービスはすべて、破産時補償保険付きのHR-169チケットで発券できます。また、Hahn Air Systemsはスケジューリング用のGDSインターフェース、運賃のファイリング、インベントリー管理などのサービスも航空会社に提供しています。

Hahn Air Systemsはドイツのフランクフルト近郊のドライアイヒを拠点とする国際企業Hahn Air Groupの100%子会社です。グループは、ミネアポリス、モンテビデオ、カサブランカ、ヨハネスブルク、ニューデリー、マニラを含む世界のさまざまな都市に事業所を置き、年間合計取引高はおよそ10億米ドルに上ります。

Hahn Air Technologiesについて

2018 年に設立された Hahn Air Technologies は、チケットの間接販売拡大を目指すあらゆるビジネスモデル の航空会社へのディストリビューションサービスを提供します。

X1-Air というプロダクトにより、自身で間接的ディストリビューションに接続することが殆どできなかった 航空会社が Hahn Air Technologies のディジグネーターX1 を利用して接続できるようになりました。それら の航空会社のフライトは 190 のマーケットの 10 万以上の旅行会社で予約することができます。Hahn Air Technologies の全パートナーのサービスについては、Hahn Air の航空会社破産時補償付き HR-169 チケット で発行することができます。

航空会社に提供されるサー さらに Hahn Air Technologies は、Hahn Air グループのためのイノベーションセンターとシンクタンクとし ての役割を担い、ブロックチェーンベースのプロバイダーでモバイルソリューションである NDC のような 新しいディストリビューションチャネルとテクノロジーの可能性を開拓、開発しています。

Hahn Air Technologies は Hahn Air Systems の姉妹会社であり。両社とも、ドイツ・フランクフルト近郊の ドライアイヒを拠点とする国際企業 Hahn Air Group の完全子会社です。当グループは、ミネアポリス、モ ンテビデオ、カサブランカ、ヨハネスブルク、ニューデリー、マニラを含む世界のさまざまな都市に事業所 を置き、顧客との年間合計取引高はおよそ 10 億米ドルに上ります。

広報担当者

画像