歴史

2019

20年前に初めてHR-169 チケットが発行されてから、Hahn Airの発券ビジネスは20周年を迎えました。

現在のHahn Airネットワークは350以上のパートナー航空会社で構成されています。        

Hahn Airは最初のNDCチケットを発券しNDCプラットフォームを導入しました。

13 の航空会社が 新たにHahn Airとインターライン契約を結び、16の新しいH1-Airパートナーが Hahn Air ネットワークに加わりました。

Hahn Air のネットワークに新しい夏季ルートが加わりました。毎週デュッセルドルフ(DUS)およびパルマ・デ・マヨルカ(PMI)間を運行します。

2018

13 の航空会社が 新たにHahn Airとインターライン契約を結び、16の新しいH1-Airパートナーが Hahn Air ネットワークに加わりました。

Hahn Air のネットワークに新しい夏季ルートが加わりました。毎週デュッセルドルフ(DUS)およびパルマ・デ・マヨルカ(PMI)間を運行します。

2017

Hahn Airとデュアルパートナーシップを提携するパートナーが増えています。これはパートナー航空会社がH1コードの利用提携に加えて、HRとの提携も結ぶことで両方の利用が可能になることを意味します。

Hahn Airは初めて鉄道会社とインターライン契約を結びました。英国の高速鉄道会社ユーロスターです。

世界で50番目のHahn Airチケットオフィスが営業を開始。現在チケットオフィスは世界25カ国に所在しています。

Hahn Air を利用する旅行会社の数は190のマーケットで10万に達しています。

Hahn Airがセスナ・サイテーション・ジェット4の所有する2機のうち一機との差し替えに当てるセスナ・サイテーション・ソヴリンの2機目の納入を受けました。

Hahn Airのイベントロケーション「The Aircraft at Burghof」が新戦略を導入し、Location Awardにおいて「Best Newcomer Location」を受賞しました。

2016

Hahn Airがセスナ・サイテーション・ジェット4の所有する2機のうち一機との差し替えに当てるセスナ・サイテーション・ソヴリンの2機目の納入を受けました。

Hahn Airのイベントロケーション「The Aircraft at Burghof」が新戦略を導入し、Location Awardにおいて「Best Newcomer Location」を受賞しました。

2015

Hahn Airがセスナ・サイテーション・ソヴリン1機を調達し、中長距離運航に向けて路線を拡大しました。

Hahn AirがInterline Electronic Miscellaneous Documents (IEMDs)をサポートしたことで、インターラインパートナーは現地Billing and Settlement Plan(BSP)に加入していないマーケットでの付帯サービスの販売が可能になりました

Hahn Airはインドのデリーに新しくオフィスを設置し、さらに世界における存在感を高めました。

Hahn Air Systemsがプロダクト5W-Rail&Shuttleを導入しました。 これにより旅行会社は、鉄道、フェリー、シャトル等の運行をGDSのフライト画面から予約コード5Wを利用して予約することが可能になりました。このプロダクトは戦略的な理由により2019年に終了しました。       

Hahn Airが2機目のセスナ・サイテーション・ジェット4の納入を受けました。

2014

Hahn Airはインドのデリーに新しくオフィスを設置し、さらに世界における存在感を高めました。

Hahn Air Systemsがプロダクト5W-Rail&Shuttleを導入しました。 これにより旅行会社は、鉄道、フェリー、シャトル等の運行をGDSのフライト画面から予約コード5Wを利用して予約することが可能になりました。このプロダクトは戦略的な理由により2019年に終了しました。       

Hahn Airが2機目のセスナ・サイテーション・ジェット4の納入を受けました。

2013

Hahn Airが毎日24時間対応するService Deskの開設を発表し、さらにフィリピンのマニラに新しくオフィスを設置しました。

Hahn Air ビジネススクールが設立され、IATA公認トレーニングセンターとして認定を取得しました。 スクールでは旅行会社社員を対象に、発券業務の知識を深めるための通信教育を実施しています。

セスナ・サイテーション・ジェット4を2機注文し、そのうち1機の納入を受けました。

世界中の社会事業に対する経済的支援を目的として、Hahn AirはHahn Air Foundationを設立しました。

無料の破産時補償保険 Securtix®の適用範囲を拡大し、足止めされた旅客への補償が可能になりました。

Hahn Air Systemsが新プロダクトH1-Airを導入しました。 これによりパートナー航空会社は販売プロセス全体をアウトソーシングし(GDS/BSP/旅行会社)、さらにH1ディジグネーターを使用してHR-169チケットでフライトを販売することが可能になりました。

ドイツのドライアイヒェンハインのHahn Air本社からわずか5分の距離に研修センター「The Aircraft at Burghof」がオープンしました。

2012

世界中の社会事業に対する経済的支援を目的として、Hahn AirはHahn Air Foundationを設立しました。

無料の破産時補償保険 Securtix®の適用範囲を拡大し、足止めされた旅客への補償が可能になりました。

Hahn Air Systemsが新プロダクトH1-Airを導入しました。 これによりパートナー航空会社は販売プロセス全体をアウトソーシングし(GDS/BSP/旅行会社)、さらにH1ディジグネーターを使用してHR-169チケットでフライトを販売することが可能になりました。

ドイツのドライアイヒェンハインのHahn Air本社からわずか5分の距離に研修センター「The Aircraft at Burghof」がオープンしました。

2011

アメリカ、ミネソタ州のミネアポリスおよびウルグアイのモンテビデオに最初の国外オフィスが設置されました。

Hahn airが保険会社Generali Versicherung AGと契約を結び、HR-169チケット全てに無料の破産時補償保険の提供を開始しました。 この保険はHahn Airの提携パートナーが破産を申請した場合に払い戻しを行います。

2月1日より、デュッセルドルフ国際空港(DUS)とフィンデル・ルクセンブルク空港(LUX)間に週2回の定期便を就航しました。

2010

Hahn airが保険会社Generali Versicherung AGと契約を結び、HR-169チケット全てに無料の破産時補償保険の提供を開始しました。 この保険はHahn Airの提携パートナーが破産を申請した場合に払い戻しを行います。

2月1日より、デュッセルドルフ国際空港(DUS)とフィンデル・ルクセンブルク空港(LUX)間に週2回の定期便を就航しました。

2009

Hahn AirはBSP(Billing and Settlement Plan)のないマーケット、もしくはチケット販売がBSPで決済できない地域の旅行会社にもサービスを広げました。 チケットはHahn Airチケットオフィスを通じて提供されます。 最初のHahn Airチケットオフィスは台湾にオープンしました。

IATA主導の「Simplifying the Business(StB)」プログラムを開始し、世界のあらゆる場所でのEチケット発券を導入しました。

Hahn Airは100番目にBSP加盟しました。

2008

IATA主導の「Simplifying the Business(StB)」プログラムを開始し、世界のあらゆる場所でのEチケット発券を導入しました。

Hahn Airは100番目にBSP加盟しました。

2007

Hahn AirはIOSA認証(IATA Operational Safety Audit)を取得しました。 そして現在も更新されています。

最初のHahn Air eチケットおよび最初のインターラインeチケットが発券されました。

Hahn Air Systemsを子会社として設立。 航空会社向けのコンピュータ予約サービス(CRS)の提供を開始しました。

2006

最初のHahn Air eチケットおよび最初のインターラインeチケットが発券されました。

Hahn Air Systemsを子会社として設立。 航空会社向けのコンピュータ予約サービス(CRS)の提供を開始しました。

2004

100件目となるインターライン契約が締結されました。

航空機のチャーターサービスが開始されました。

航空会社のHahn Airが Saspo Holding GmbH(現在のHahn Air Group)に統合されました。
2003

航空会社のHahn Airが Saspo Holding GmbH(現在のHahn Air Group)に統合されました。
2001

Hahn Air はIATA(International Air Transport Association)加盟航空会社になりました。

Hahn AirとSaspoは、Saspoが代理販売する航空会社をHahn Airの HR-169チケットで販売を可能にする提携関係を結びました。

5社のラテンアメリカの航空会社との最初の契約締結に伴い、Hahn Airはその発券プラットフォームの運用とディストリビューションサービスを開始しました。

Hahn Airが最初のGDSであるAmadeusに入り、最初のHR-169チケットが発行されました。

1999

Hahn AirとSaspoは、Saspoが代理販売する航空会社をHahn Airの HR-169チケットで販売を可能にする提携関係を結びました。

5社のラテンアメリカの航空会社との最初の契約締結に伴い、Hahn Airはその発券プラットフォームの運用とディストリビューションサービスを開始しました。

Hahn Airが最初のGDSであるAmadeusに入り、最初のHR-169チケットが発行されました。

1994

Hahn Airは、フランクフルト・ハーン空港を拠点とする地方独立系航空会社として設立されました。

ツアーオペレーターおよび総代理店となるSaspo (South American Service Partner Organization)のオフィスがドイツに設立されました。Saspo は色々なラテンアメリカの航空会社の代理販売を行っていました。
1980

ツアーオペレーターおよび総代理店となるSaspo (South American Service Partner Organization)のオフィスがドイツに設立されました。Saspo は色々なラテンアメリカの航空会社の代理販売を行っていました。